渡邊理学療法士-けあくる/横浜市港北区、神奈川区の訪問看護ステーション

10月3日より、けあくる訪問看護リハビリステーション新横浜のオープンと同時に入職致しました!
これから理学療法士として、皆様にお会いできることを心から楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

<経歴など>
私は急性期病棟に4年半ほど勤務、
その後訪問看護において1年ほどリハビリテーション業務を担当しております。
病院では延べ1,000名様ほどの患者様と接して参りました。
勤務先の病院が様々な科を抱えていたため、循環器、泌尿器、腎臓内科、整形外科、
脳外科、消化器内科、外科、婦人科など、様々な症例の患者様と接しておりましたが、
病院では患者様の早期退院を目指す必要があり、
時間をかけて関わることができない部分にもどかしさを感じていました。
学生時代から、生活期のリハビリ推進に興味を持っていたこともあり、
訪問看護への転職を決意致しましたが、利用者様の生活改善のため、
より深く時間をかけて関わることのできる部分に大きなやりがいを感じています。

<ご利用者様、ご家族様に寄り添いたい>
私の強みは、利用者様、ご家族様、ケアマネさんのお話をじっくりとお伺いし、
ご要望に寄り添うためのプラン提案ができる事です。
お一人お一人によって症例は異なります。
また、言葉ひとつの感じ方も、受け取る方の状況や感情によって変わってきます。
それをきちんと読み取り、伝え方に細かく気を配る事を心がけております。
利用者様が「どうなっていきたいか」、
また、ご家族様が「どこまでご本人のサポートができるのか」を
入念にヒアリングし、最適なプランを提示していくことで、
利用者様の状況や生活が良くなっていく事が一番の喜びです。

<多かった症例>
これまで関わらせて頂いた利用者様のうち、
7割くらいの方が生活習慣病に起因する困難を抱えていらっしゃいました。
これは、ご自身では改善したいと思っていても、なかなか難しいものです。
ケアマネさんや看護師ときちんと連携を取り、
気づいた事、感じたことをしっかりと連携しながら、
生活指導やリハプランを組み立てていきます。

<趣味、特技>
DIY、いわゆる日曜大工が好きで、休みの日は材料を切って棚を作ったり、
部屋の壁紙を張り替えたりして楽しんでいます。
ホームセンターに行くのが大好きです。

<目標>
「毎回、リハビリの日が楽しみ」
「あなたにお願いして良かった」
と言って頂ける事がなにより嬉しいです。
このステーションでも、そんなお言葉を頂けるようなリハビリを目指して参ります!理学療法士 渡邊結香さんにインタビュー-けあくる/横浜市港北区、神奈川区の訪問看護ステーション

 

けあくる訪問看護リハビリステーションにお気軽にご相談ください!

TEL:045-577-4133